大東文化大学の受験で宿泊するホテルの予約はここがおすすめ!




大東文化大学とは?

大東文化大学は、東京都板橋区高島平1丁目9番1号にある文系の私立大学です。大東大の愛称でよく知られていますよね。

大東大の設置は、1949年で現在、文学部、経済学部、外国語学部、法学部、国際関係学部、経営学部、環境創造学部、スポーツ・健康科学部、社会学部があります。

とくに、中国を中心としたアジア関連の教育に強い大学です。また、駅伝などスポーツにも力を入れている大学ですよ。

そのため、全国から受験生が集まっています。

大東文化大学の受験で宿泊するホテルはどの場所で探すといい?

大東文化大学の受験でホテルに宿泊する場合ですが、どの場所のホテルを予約するのが便利なのかわかりにくい方も多いですよね。

大東文化大学のキャンパスは板橋キャンパスと東松山キャンパスがありますが、試験会場としては板橋キャンパスがメインになります。

大東文化大学の板橋キャンパスへのアクセスですが、電車を利用する場合ですと東武東上線「東武練馬(大東文化大学前)駅」北口で下車し、そこから無料のスクールバスが利用でき、約7分ほどです。

また、都営三田線「西台」駅西口下車で、そこから徒歩9分ほどです。

バスを利用する場合は、東武東上線「東武練馬」駅北口から、浮間舟渡駅行で高島六の橋バス停で下車。成増駅北口から赤羽駅西口行で大東文化大学バス停で下車。JR赤羽駅西口から成増駅北口行で大東文化大学バス停下車となります。ちなみに、バスは国際興業バスです。

大東文化大学の受験で宿泊するホテルについては、東武東上線のアクセスに便利な池袋駅周辺がおすすめです。

ほかにも赤羽駅周辺にもホテルが多いので、狙い目です。

なお、大東文化大学の前・後期試験の場合、他にも札幌、青森、盛岡、仙台、秋田、山形、郡山、水戸、宇都宮、高崎、さいたま、千葉、東京(板橋キャンパス)、横浜、新潟、長岡、金沢、甲府、長野、松本、静岡、名古屋、大阪、広島、松山、福岡、鹿児島、那覇などで試験が実施されますので、事前に確認しておくといいですよ。

なお、受験でホテルを予約する場合、やはり受験生向けプランが揃っているホテルがベストです。大東文化大学の受験生が宿泊するホテルとしての実績もあるので受験生には何かと嬉しいサービスや対応が充実しています。

また、ホテルの予約はできるだけ早めにしておきましょう。ネットで簡単に予約できるので、まずはおさえておくといいです。

ネットの場合、万が一、キャンセルする場合もすぐにできるので便利です。

ということで、大東文化大学で宿泊するおすすめのホテルを紹介します。

大東文化大学のホテル予約に役立つ旅行サイト

大東文化大学で宿泊するホテルを予約する場合、今はネットの旅行サイトや宿泊予約サイトを利用する人がほとんどだと思います。

ネットだとすぐに予約できますし、あとからキャンセルも簡単にできるので、とりあえずホテルを確保しておくといったこともできますよね。

で、その場合、受験生向けのホテルプランを特集しているサイトを利用した方が、なにかと便利です。旅行サイトの中には、「受験生の宿」として特集を組み、受験生のホテルとして実績があるホテルを掲載していますので受験生にとっては、サービスや対応など細かい部分まで配慮してくれているホテルが見つかりやすいんです。

やはり、受験で宿泊するホテルで、受験以外のことで気を使ったり、時間を浪費したりするのはできるだけ避けたいですからね。

そこで、実際に大東文化大学の受験生の実績が豊富なホテルが掲載されている旅行サイトを紹介しますので、大東文化大学を考えている受験生や保護者の方は、まずは予約しておくといいですよ。

じゃらん

↓じゃらんの「受験生の宿」へリンク↓

大東文化大学で宿泊するホテルの予約なら、やはり豊富な情報量がうれしい「じゃらん」が、おすすめです。

大東文化大学の受験生向けのホテルが、多数掲載されています。池袋駅、赤羽駅周辺の大東文化大学へのアクセスが便利なところで受験生向けのホテルがみつかりやすいです。受験生プランは、充実した朝食プラン付きのホテルなど、受験生にうれしいホテルが、多数揃っています。

また情報量が多いので、選択肢も広がります。ただし、毎年、大東文化大学の受験生で利用されている人気の高いホテルは、早めに予約しておかないとすぐに満室になりますよ。

>>じゃらんの「受験生の宿」はこちら

近畿日本ツーリスト

↓近畿日本ツーリストの「受験生の宿」へリンク↓

近畿日本ツーリストの「受験生の宿」で掲載しているホテルは、加湿器や空気清浄機の有無、wifi完備といった受験生の細かい要望に応じた条件で検索できるので、さまざまな希望に合った宿泊先が見つかりやすいです。

こういう細かい要望に対応できるかどうかって案外、大事です。大東文化大学の場合、池袋駅、赤羽駅周辺などがおすすめですが、他のサイトでなかなか予約が取れない場合など、意外にも近畿日本ツーリストなら、すんなりと予約が取れるといったこともあります。大手の強みだと思います。

なので、まめにチェックしておくといいですよ。穴場的なホテルの情報が豊富なのがメリットです。

>>近畿日本ツーリストの「受験生の宿」はこちら

日本旅行

日本旅行の「受験生の宿」で掲載されているホテルは、受験生特別プランのあるホテルなどが中心で、大東文化大学の受験生に対応しているホテルがいろいろと見つかります。

受験当日のお弁当の用意や電気スタンド、加湿器の対応など受験生には、ありがたいサービスが充実しているホテルが多くあります。ネットでホテルの各プランの空室状況がひと目でわかるので、とても便利です。

保護者や付き添いの方も安心して利用できるホテルが多いのもうれしいです。値段もリーズナブルだったりしますから。旅行サイトとしては、歴史があるので大東文化大学のホテルを探す場合も、確かな情報量と実績があり、安心感がありますよ。

>>日本旅行の「受験生の宿」はこちら




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする