東北大学の受験で宿泊するホテルの予約はここがおすすめ!

東北大学受験におすすめのホテル

東北大学は、宮城県仙台市にある日本で3番めにできた国立大学なんです。歴史もある大学で、地元では、「とんぺー」と呼ばれたりしています。

東北大って、研究や実学を重視する理念なので真面目な学生が多いんですけど、実は門戸開放という理念もあり、来るものは拒まずじゃないけど、オープンな大学なんです。

宮城県仙台市にあるので、当然東北出身者が多いんですけど、実は関東出身の学生も多いんです。北海道出身者よりも関東から受験する学生が多いようですよ。

今は、東北新幹線で1時間半くらいですから、近いと言えば近いですから。

そんな東北大学を受験する場合、やはり早めに宿泊するホテルを押えておきたいですよね。

東北大学のキャンパスは、仙台市青葉区内に川内キャンパス、片平キャンパス、星陵キャンパス、青葉山キャンパスの4つのキャンパスがあります。

片平キャンパスは、仙台駅からも近い場所にあるんですが、それ以外は、ちょっと離れた場所にあります。といっても、どれも地下鉄の駅から近い場所にあるので、便利な場所にはあるんですよね。

東北大学の受験で宿泊するホテルについては、受験会場がどこのキャンパスであっても、仙台駅周辺のホテルに宿泊するのが、便利だと思います。

というのは、東北大学の入試が行われる川内キャンパス周辺には、ホテルがほとんどありません。なので、仙台駅周辺のホテルに宿泊するといいと思います。

仙台駅から近いと地下鉄仙台駅まで歩いていけますから、安心ですよね。とくに受験は冬場です。雪が降ったりした場合、車やバスなどだと渋滞に巻き込まれたりして、気持ちの上でも、不安定になります。

地下鉄ですと、地下鉄東西線「川内」駅から徒歩で1分程度ですからすぐです。なので天候が悪い場合などは地下鉄駅に近い仙台駅周辺のホテルなら、安心ですよね。

ただし、東北大学のように県外からの受験生も多い大学の場合、仙台駅周辺のホテルは、2学期の早々くらいから、予約を入れておくといいと思います。

その場合、東北大学受験の宿泊ホテルを予約するときに、今なら宿泊予約サイトを利用すると思いますけど、受験生の宿、ホテルに特化したプランを特集している宿泊予約サイトを利用するのがおすすめです。

受験生向けのホテルとして実績があるホテルだと、部屋のスペースや照明スタンドの貸し出しとかがあったりするので、便利だと思います。

そこで東北大学受験におすすめのホテルを紹介します。

東北大学受験のホテル予約に役立つ旅行サイト

東北大受験のホテルを予約する場合、旅行サイトや宿泊予約サイトを利用する人がほとんどだと思います。ネットだとすぐに予約できますからね。で、その場合、受験生向けのホテルプランを特集しているサイトを利用した方が、便利です。
どこの旅行サイトも、受験生のホテルとして実績があるホテルを掲載しているので、受験生にとって細かい部分まで配慮してくれているホテルが見つかりやすいんです。

じゃらん

↓じゃらんの「受験生の宿」へリンク↓

東北大受験で宿泊するホテルの予約なら、豊富な情報量がうれしいじゃらんが、おすすめです。東北大学の受験生向けのホテルが、多数掲載されています。仙台市内なら東北大学へのアクセスのいいホテルで、充実した朝食プラン付きのホテルなど、受験生にうれしいホテルが、ずらりと揃っています。毎年、東北大学受験で利用するような人気の高いホテルは、早めに予約しておかないとすぐに満室になりますよ。

>>じゃらんの「受験生の宿」はこちら

近畿日本ツーリスト

↓近畿日本ツーリストの「受験生の宿」へリンク↓

近畿日本ツーリストの「受験生の宿」で掲載しているホテルは、加湿器や空気清浄機の有無、wifi完備といった受験生の細かい要望に応じた条件で検索できるので、さまざまな希望に合った宿泊先が見つかりやすいです。他のサイトで予約が取れない場合など、意外にも近畿日本ツーリストからだと予約が取れたといったこともあるので、まめにチェックしておくといいですよ。
>>近畿日本ツーリストの「受験生の宿」はこちら

日本旅行

日本旅行の受験生の宿で掲載されているホテルは、受験生特別プランのあるホテルなどが中心で、東北大の受験生に対応しているホテルが多く見つかります。受験当日にお弁当を用意や電気スタンド、加湿器の対応などをしてくれる受験生には、ありがたいサービスなどもあります。ホテルの各プランの空室状況がひと目でわかるので、とても便利です。付き添いの方も安心して利用できるホテルが多いのもうれしいです。

>>日本旅行の「受験生の宿」はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする