岐阜大学の受験で宿泊するホテルの予約はここがおすすめ!

岐阜大学受験で叔伯するホテルはどの場所がおすすめなの?

岐阜大学のキャンパスは、最寄り駅の岐阜駅からは、少し離れた場所にあります。JR岐阜駅または名鉄岐阜駅から岐阜バスで約20~30分ほどかかります。

岐阜大学のキャンパスには、池があるので、サギ、カワセミ、カモが鑑賞できます。なので環境のよい場所にありますよ。

ところで、岐阜大学を受験する場合に、宿泊するホテルですが、岐阜大学のキャンパス周辺にはホテルはありません。

そのため、受験で宿泊するホテルは、岐阜駅付近のホテルに宿泊するのがベストです。長良橋付近にもホテルはあるのですが、その場合、岐阜大学へのアクセスにはタクシーを利用するしかありません。

それよりも、やはり岐阜駅周辺で探した方がホテルの数も多いので、安心ですよ。

また、ホテルを選ぶ際も、岐阜駅から岐阜大学までのバスの時刻表は必ずチェックしておきましょう。

バスで約20~30分ほどかかりますし、歩くとなるとちょっと大変です。

あと岐阜大学受験で宿泊するホテル選びですが、加湿器なスタンドといった受験生向けの設備があるホテルとかもあるので、そういうホテルを選んだ方がストレスなく過ごせると思いますよ。

また、ホテルによっては大浴場があるところもおすすめです。やはり狭いユニットバスよりもゆったりと疲れがとれる大きなお風呂に入る方がリフレッシュできますからね。

そんなわけで、岐阜大学の受験で宿泊するのにおすすめのホテルを紹介します。

岐阜大学のホテル予約に役立つ旅行サイト

岐阜大学で宿泊するホテルを予約する場合、今はネットの旅行サイトや宿泊予約サイトを利用する人がほとんどだと思います。ネットだとすぐに予約できますし、あとからキャンセルも簡単にできるので、とりあえずホテルを確保しておくといったこともできますよね。

で、その場合、受験生向けのホテルプランを特集しているサイトを利用した方が、なにかと便利です。旅行サイトの中には、「受験生の宿」として特集を組み、受験生のホテルとして実績があるホテルを掲載していますので受験生にとっては、サービスや対応など細かい部分まで配慮してくれているホテルが見つかりやすいんです。

やはり、受験で宿泊するホテルで、受験以外のことで気を使ったり、時間を浪費したりするのはできるだけ避けたいですからね。

そこで、実際に岐阜大学の受験生の実績が豊富なホテルが掲載されている旅行サイトを紹介しますので、岐阜大学を考えている受験生や保護者の方は、まずは予約しておくといいですよ。

じゃらん

↓じゃらんの「受験生の宿」へリンク↓

岐阜大学で宿泊するホテルの予約なら、やはり豊富な情報量がうれしい「じゃらん」が、おすすめです。岐阜大学の受験生向けのホテルが、多数掲載されています。JR岐阜駅周辺などの岐阜大学へのアクセスが便利なところで受験生向けのホテルがみつかりやすいです。受験生プランは、充実した朝食プラン付きのホテルなど、受験生にうれしいホテルが、多数揃っています。また情報量が多いので、選択肢も広がります。ただし、毎年、岐阜大学の受験生で利用されている人気の高いホテルは、早めに予約しておかないとすぐに満室になりますよ。

>>じゃらんの「受験生の宿」はこちら

近畿日本ツーリスト

↓近畿日本ツーリストの「受験生の宿」へリンク↓

近畿日本ツーリストの「受験生の宿」で掲載しているホテルは、加湿器や空気清浄機の有無、wifi完備といった受験生の細かい要望に応じた条件で検索できるので、さまざまな希望に合った宿泊先が見つかりやすいです。こういう細かい要望に対応できるかどうかって案外、大事です。岐阜大学の場合、JR岐阜駅周辺などのホテルがおすすめですが、他のサイトでなかなか予約が取れない場合など、意外にも近畿日本ツーリストなら、すんなりと予約が取れるといったこともあります。大手の強みだと思います。なので、まめにチェックしておくといいですよ。穴場的なホテルの情報が豊富なのがメリットです。

>>近畿日本ツーリストの「受験生の宿」はこちら

日本旅行

日本旅行の「受験生の宿」で掲載されているホテルは、受験生特別プランのあるホテルなどが中心で、岐阜大学の受験生に対応しているホテルがいろいろと見つかります。受験当日のお弁当の用意や電気スタンド、加湿器の対応など受験生には、ありがたいサービスが充実しているホテルが多くあります。ネットでホテルの各プランの空室状況がひと目でわかるので、とても便利です。保護者や付き添いの方も安心して利用できるホテルが多いのもうれしいです。値段もリーズナブルだったりしなすから。旅行サイトとしては、歴史があるので岐阜大学のホテルを探す場合も、確かな情報量と実績があり、安心感がありますよ。

>>日本旅行の「受験生の宿」はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする